• 鉄の一貫体制
  • SSUT工法とは
  • いろんなSSUT
  • ソリューション
  • 会社概要
  • お問い合わせ

NEW TYPE(新商品企画)New product plan

共同住宅・マンション

使用価値の維持と最大化

賃貸住宅が、家賃収入と利回り計算から成立する「金のなる木」であった時代は、そろそろ終わりに差し掛かっていると考えられています。建築費を分母とした利回りで考える限り、居住者の快適性よりは、「安く」つくることに主眼が行きます。そうして多くの賃貸物件が建設されました。しかし、それらの空室率は年々増加しています。

変化の速度が、これほど急速になり、しかも居住者の経済環境が、従来に比べて不安定になるこれから先の社会において、長期にわたって実質的に「使用価値」を継続させること。すなわち「永い間、魅力を継続する、利用者目線の賃貸住宅」が求められています。

サトコウは、このような潜在的なニーズの変化にお応えするため、日夜、SSUT工法をベースにした新商品の開発を行っています。

たとえば、ワンルームマンションは、現在、判で押したように部屋の中央部に密閉感されたユニットバスが陣取ります。そのため、空間は通路兼キッチンの部分と、狭くなった居室に分断されて、空間それ自体の伸びやかさを演出することがとても難しくそれが悩みの種でした。

サトコウは、バルコニーに面した、長方形のユニットバスを採用することで、開放感を100%演出した、新しいワンルームの開発を行っています。まさに「人を元気にする部屋」です。このことによって、空間全体は、外部に向かって伸びやかな一体空間となり、キッチンやカウンターの使用用途もグッとスタイリッシュに広がります。

SSUT工法は、Hグレードの重量鉄骨構造ですから、そもそも耐震性、耐久性、安全性は群を抜いています。ハードの面では、最強の資産建物と言えます。しかし、それだけではなく、ソフトの面での充実が加味されて、さらに最強の資産建物になりうると考えています。
「使用価値の継続」とは、「人を元気にする空間」の創造と、愛着の持続なのです。そしてこれは、プロパティーマネージメント/PMの基本なのです。